the

クイーン来日中なのに…

0

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    ついにクイーン+アダム・ランバートが来日しました。

    居酒屋で食事したり、観光したりする様子が、本人たちや同行者のSNSにあげられているようですね。

     

    私は26日のさいたまアリーナ公演を控え、本来ならソワソワワクワクしていたはずなんですが…

    昨日からグッタリと寝込んでおります。慢性的な人手不足の中、パート先で無茶な働き方をなかば強要されて、ついにダウン。欠勤せざるを得なくなりました。

    力仕事ありの立ち仕事で、連日3時間の残業は、もうじき還暦の女にはさすがにキツいです。

    普通に生活しているとは言え、一応私はまだ通院中のがんサバイバーなので、疲れやストレスから免疫低下すると、転移の可能性がなくもない…

    心配になってきたので、事務所に相談した方が良さそうです。現場の社員は、言っても全然聞いてくれなかったので。

     

    とにかく体を休めて26日に備えよう、と、プロモーターの「ご来場のお客様へのご案内」を見たりしていました。

    持ち込み禁止物の中に、傘とペットボトルがあったのに驚いたり(26日の埼玉の予報は雨)、どうやら苦情が来たらしく、その後持ち込み可になったりしているのを見て、この会社の電話番は大変だろうなぁ、と思いましたが…。

    また、物販の支払いは現金のみで、クレジットカード等は使えない、という記載に、呆れながら思いました。

     

    …要するに、即急に現金が必要なのねぇ。クリエイティブマンさん……。

     

    まあ、クイーンの来日公演を落札するのに大金を投じて、採算を取るのに必死だとか、そんなところなのでしょうけど…。

    コンサート会場に万札ギッシリの財布なんて、怖くて持って行けないから、欲しいものはあるけど買い物するのよそうか、と思っていたところ、更に追い討ちをかけることが…。

     

    ブライアンのレッドスペシャル柄のシャツが、公式サイトでは£45なのに、クリエイティブマンのGOODS一覧では¥25,000になってる…。

    レッドスペシャル柄のベスト、欲しかったんですが、多分これも元々はシャツと同じくらいの値段でしょう。

    ちなみに、現在£1は¥144程。イギリスのサイトから買い物をした人達は、送料は£30程だとよく書いていらっしゃいますね。アメリカのサイトからTシャツを買うと、送料は$10なので、決して安くはないですが…。それにしても2万5千円…。

    ベストを買うのは、BMGの公式サイトで売り出すのを待つことにして、今回は物販では何も買わず、SEIKO5スポーツ ブライアン・メイ コラボウォッチの予約を、近所のショッピングセンターに入れようかと…。

     

    決して安くないお値段なので迷っていたのですが、ブライアンによれば、SEIKOのダイバーウォッチは45年間使えるそうなので、割高なグッズを買うよりは、良さそうに思えます。

    まあ、コンサート会場での買い物は夢も一緒に買えるのに、と思わなくもないですが、正直今回のクリエイティブマンのやり方では、夢も希望もなくなりますからね。

     

    私の知人に、同級生が某プロモーターの重役だという人がいますが、その人の話では、クイーンクラスのスーパースターを招聘するということは、億単位のギャラを払って10億単位の利益を上げることなのだそうです。

    それだけのお金を動かすのだから、それなりの規模の会社でなければ難しいんでしょうね。

     

    正直な話、今後クイーンには、クリエイティブマンの、というか、あまり規模が大きくなさそうな会社の招聘で来日するのはやめてほしいと思いますが…。

     

     

     

     

     

     


    クイーンをカラーグラビアで最初に取り上げた会社だそうです〜集英社

    0

      JUGEMテーマ:ROCK

       

      クイーン展ジャパンが、来月開催されますね。

      協賛が、シンコーミュージックではなく集英社、というのに首を傾げたのは、私だけではないと思います。

       

      ちょっと引っかかるところがあって調べたところ、集英社は邦楽のフォーク ニューミュージック主体の音楽雑誌、「ガッツguts」を昔発行していた会社だったんですね。

       

       


      【中古】音楽雑誌 guts 1974年7月号 ガッツ

       

      この雑誌、たまに洋楽やロックも取り上げることがあったのですが、何と、日本で最初にカラーグラビアでクイーンを取り上げたのは、この「ガッツ」だったそうです。同時期にミュージックライフがクイーンを載せたのは、1/2ページの新人紹介欄だったそうなので、カラーグラビアが載ったのは、'74年の4月号でしょうかね?

       

      偶然この本の、大貫憲章と初代クイーン担当ディレクター加藤正文の対談を読んで知ったのですが。

       

       


      別冊宝島987号「クイーンを聴け!」 (別冊宝島―俺たちの愛した伝説のバンド・ファイル (987))

       

       

      思えば渡辺プロダクションがプロモーターだった、初期の頃の来日では、クイーンは一般誌も含めた撮影会を大々的にやっていたようなので、集英社にも当時の写真が残っていても不思議ではありません。

      案外、今回のクイーン展では、ミュージックライフの長谷部カメラマン以外が撮ったクイーンを見られるかも知れないですね。そう思うと興味が湧いてきます。

      正直に言わせていただくと、クイーンファン歴45年超にもなると、長谷部氏のクイーンの写真は食傷気味なところがあるので…。

       

      ただ、ちょっと意地悪な見方をさせていただけば、今回のクイーン展では「With QUEEN  みんなの中にあるクイーン」と題して、一般のファンからクイーン関連の写真を募集して、展示するようです。

      これって、写真等の展示物が足りないからじゃないかな、といささか心配な気がしないでもないのですが。

       

       

       


      グリセリンフリーその後〜やはりビタミンCかも知れない

      0

         

        JUGEMテーマ:スキンケア

         

        さて、久々にスキンケアの記事を書きたいと思います。

         

        夏にグリセリンフリーを始めたわけですが、秋冬になるとグリセリンフリーの化粧水とクリームだけでは乾燥するので、HABAのスクワランも一緒に使うようになりました。

         

        また、グリセリンが沢山入っているようで、夏に使うと顔が赤黒くなってしまっていた無印良品の敏感肌用薬用美白美容液を、秋口に涼しくなってから、試しに再び使ってみました。

        すると、赤黒くはならず、毎日夜のみ使ううちに、少しずつとは言えシミが薄くなってきました。

        しかしながら、鼻の毛穴がてきめんに黒ずんできましたので、鼻にだけは使わなくなりましたが。

        秋冬の間なら、使い方によってはグリセリン入りでも大丈夫そうな感じです。

         


        無印良品 敏感肌用 薬用美白美容液 (新)50ml

         

        この美容液は、ビタミンCの美白効果を謳ったものです。

        また、リフトアップ効果があるから、と、ユースキンを栄養クリーム代わりに顔に塗ってましたが、成分はほぼ同じのビタミンクリームには、リフトアップ効果はあまり見られませんでした。

        ビタミンクリームになくて、ユースキンには入っている成分は、ビタミンCでした。

        今私がスキンケアに必要なのは、ビタミンC誘導体なのかも知れません。

         

        グリセリンフリーのサイトで紹介されている、ビタミンC美容液と言えばこちらなので、早速入手し、使っております。

         

         


        【医薬部外品】メラノCC 薬用しみ・ニキビ 集中対策 Wビタミン浸透美容液 単品 20mL

         

        グリセリンフリーでビタミンC配合の化粧水は、こちらがあるようです。

         


        肌美精 大人のニキビ対策 薬用美白化粧水 200mL (医薬部外品)

         

        HABAスクワランにも、ビタミンC誘導体配合のものがあるようですね。

         

         


        HABA ハーバー 薬用ホワイトニングスクワラン 30ml フェイスオイル (医薬部外品) [並行輸入品]

         


        グレッグ・レイクの命日でした

        0

           

          JUGEMテーマ:ROCK

           

          今日はエマーソン レイク&パーマーのグレッグ・レイクの命日ですね。3周忌ですか。

           

           


          Barret Grace エマーソン・レイク・アンド・パーマー Lucky Man 最新の人気 おしゃれで快適な女性長袖のパーカー Black

           

          今年は何故か、グレッグ本人より、最晩年の彼の家族や友人はどんな想いでいたのかな、と思うことが多かったです。

           

          自伝"LUCKY MAN"の、グレッグのマネージャー兼長年の親友だったスチュワート・ヤングによる後書きには、グレッグがおそらく3年前の11月に、

           

          「何が何でも最高級の自転車を、孫のガブリエルのクリスマスプレゼントにするんだ!」

           

          と言い出し、12月の最初の週末に、家族や友人が彼の為にささやかなクリスマスパーティーをした様子が書いてあります。

           

          その頃グレッグはホスピスに入っていたそうです。

          それ以前から、ものを食べることが出来なくなっていて、多分抗がん剤の副作用が指の関節にきていたのではないでしょうか。大好きなギターを弾けなくなっていたそうです。

          おそらく、クリスマスまで保たない、と診断され、本人もそれを自覚しているような状態だったでしょう。

          彼は、次の週の水曜日に亡くなっています。

           

          小さなガブリエルは、お祖父ちゃんがサンタに特別にお願いしてくれた、綺麗な銀色の自転車に乗って、部屋の中を何度も何度もグルグル回り、グレッグはベッドに横たわっている。

           

          …グレッグの奥さんのレジーナと娘のナターシャ、親友のスチュワート・ヤングは、どんな想いで2人を見守っていたのだろうか、と。

           

           


          Lucky Man: The Autobiography
           

           

          グレッグの自伝が出版されて2年半程になります。

          日本で翻訳本、出ませんかね?

           

           


          花嫁衣装でストリップの真似をしていた?フレディ・マーキュリー

          0

             

            JUGEMテーマ:ROCK

             

            今日、この本も届きました。

             

             

             


            MUSIC LIFE 特集●フレディ・マーキュリー/QUEEN (シンコー・ミュージックMOOK)
             

             

             

            この本にも登場する、「オペラ座の夜」発売後のツアーでフレディがアンコールの際着ていた派手な着物ですが、何とこれは、花嫁衣装なんだそうです。

             

            確か2度目の来日の時、週間のFM雑誌のグラビアにいち早く、

             

            「アンコールにぎんぎらの着物で登場したフレディ・マーキュリー」

             

            といった紹介のされ方をしていたのを、友達の家で

             

            「すごいね〜。」

             

            と見ていたら、お茶を持ってきてくれた友達のお母さんが、

             

            「これは昔の花嫁衣装だよ。それなりの格式のもので、ギンギラなんて下品なものじゃないよ。」

             

            と言うので驚いたことがあります。

             

             


            直輸入、大きな写真、バンド「クイーン」フレディ・マーキュリー、Queen Freddie Mercury、10070

             

             

            確かに今見ると、決して安っぽいものではないし、鶴が描かれていたり、赤を多用していたりと、ハレの日の縁起物のように見えますね。

            フレディ、それを知ってて、ああいう使い方をしていたんでしょうか?

             


            四つ葉は見つからず 家で過ごしたフレディの命日

            0

               

              JUGEMテーマ:ROCK

               

              季節外れの四つ葉のクローバーを見つける奇跡は、残念ながら起きませんでした。

              70年代の、上原きみ子や彼女のフォロワーが描いた少女マンガでは、しょっちゅうそんなことが起きていましたっけ。


              フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender

               

              昨日のフレディの命日は、取り寄せたばかりの本を読んで過ごしました。

               

              実を言うと、風邪がひどくなって、熱で寝込んでしまったんですね。

              おかげでこの本も、文字を読もうとすると、頭がチラクラする感じで全然入ってこなかったので、見たのは写真だけです。

               

              おかげさまで、今日は熱が下がり、やれやれです。

               

               


              もし四つ葉のクローバーを見つけたら フレディの献花に行きましょう

              0

                 

                JUGEMテーマ:ROCK

                 

                11月24日、フレディの命日が近づいてきました。

                今年もまた、シンコーミュージックによるフレディ・マーキュリーの追悼献花式が行われるようです。他にも色々な所で、イベントがあるようですね。

                 

                一応、24日に休みは取ってあるのですが、今年はどこにも行かずに終わりそうです。

                今月はパート先が忙しく、数日前から風邪を引き込んでしまいました。

                以前は、風邪など気にせず出掛けたりもしてましたが、今は一応がんサバイバーで、免疫力が落ちるのが怖いので、無理は出来ません。

                クイーン音源と花火のコラボにも、本当は行きたかったのですが、雨天決行というので諦めました。

                私は一時期警備会社でバイトしていたことがあるので、11月の夜に、普通の雨具だけを着て雨に打たれるとどういうことになるか、身に染みて分かっていたので。屋外の仕事を専門にしていた同僚達の中には、何万もする高価な雨具の上下を、自腹で揃える人も少なくはなかったですね。

                ブライアン・メイ監修の'QUEEN HEAVEN'も、上映中のプラネタリウムの評判が今ひとつで、「"QUEEN HEAVEN"を観に行ったら腰痛になった」というブログ記事を見たりもしたので、今月いっぱいで終わるようですが、行っていません。

                 

                最近色々な便乗商法を目にするうちに、クイーン疲れした感じで、イベントをポジティブに受け止められなくなってきています。

                クイーン展も開催されるようですが、それに絡んで、QAL来日公演のチケットを抽選で333名にプレゼント、とか言われると、

                 

                「ああ、あのチケット抽選騒ぎの後にこんなことを言ったら、ファンが一体どう思うかが分からない人達が、開催しようとしてるんだなあ。」

                 

                とか、思ってしまいます。

                今年のフレディの命日は、家でDVDやyoutubeを観て過ごした方がいいように思えます。

                 

                 


                フレディ・マーキュリーと私

                 

                でも、もしこの2日間の間に四つ葉のクローバーを見つけたら、それを持ってフレディの献花台に行こうか、なんて思ったりもしますが。

                ジム・ハットンが、知り合ったばかりの頃のフレディの誕生日に、ティッシュペーパーに包んだ四つ葉のクローバーの押し絵をあげたら、ささやかだけど心のこもったプレゼントにフレディが大喜びした、というエピソードが好きなので。

                 

                子供の頃、実家の近くに、クローバーが群生する中に何十本という単位で四つ葉が生えている空き地がありました。あんな場所がまた見つかればいいのですけどね。

                 

                 

                 

                 


                エンジェル初来日について

                0

                   

                  JUGEMテーマ:ROCK

                   

                   


                  ONGAKU SENKA 音楽専科 1976年 11月号 / KISS QUEEN リンゴ・スター トミー・ボーリン
                   

                   

                  エンジェル初来日の記事に急にアクセスが集中するようになって、驚いております。

                   

                  何でまた!?と言いたくなる勢いで、この記事へのアクセス数が伸びているのですが、エンジェル初来日に関するネット情報を自分で調べてみて、納得がいきました。

                  ファンでも何でもない人が適当に書いた情報を、後追いのファンが知らずに広めているような状態のようですね。

                   

                  40年以上前のことで、細かい所までは覚えていないとは言え、エンジェル初来日については、私が前記事に書いた情報で、ほぼ間違いないと思います。

                  エンジェルは77年の春に、他のプロモーター主催の来日公演が決まっていた。それを、トヨタというプロモーターが倍額のギャラを払って横取りして、武道館を始めとする、新人バンドには無謀としか思えない全国ツアーを企画した。トヨタは、自動車メーカーのトヨタの関連会社と間違えそうな印象の宣伝を、アメリカの業界誌に載せていた、というのは、音楽専科誌の、レコード会社のディレクターへのインタビュー記事か、あるいはディレクターと編集者の対談記事からの情報です。エンジェル初来日からは数年経っていたと思いますが。

                   

                  ジャパンツアーが中止になり、エンジェルは即帰国。ギャラは事前に支払われていたので、金銭的被害がなかったのは不幸中の幸いだった。プロモーター側の言い分は、「ミュージシャンは顔が良くても音が良くなければ客を呼べない」というものだった、というのは、新聞記事によるもの。確か、夕刊の芸能欄だったと思います。

                   

                  来日前に「追加公演決定!!」という宣伝が洋楽専門誌に載っていたのに、実はチケットが売れてなかったと知って驚いた、とか、チケットの宣伝広告や来日公演の宣伝記事を新聞に全く載せずにいたのを珍しいと思っていた、というのは、当時の私の印象。

                   

                  時期的に見ても最悪だった、中止になったコンサートチケットの払い戻しをしてもらえなかった、帰国する際のメンバー達は悄気た印象だった、というのは、音楽専科の読者の声。

                   

                  別にエンジェルはギャラを持ち逃げされてもいないし、不入りだったのは、エンジェルに人気がなかったから、というわけでもありません。

                  高額のギャラを前払いして呼んでくれたというのに、巨大なライブ会場はガラガラで、おまけに大企業の子会社でも何でもなかったプロモーターが倒産、というのだから、エンジェルとその関係者はざぞや驚いたことでしょう。

                   

                  エンジェルを再評価する動きも、最近あるようです。

                  確か、フランク・ディミノもパンキー・メドウスも60代後半になる筈ですが、youtubeで見られる2人がまだ充分若いのには驚かされます。

                  そう言えば、ミッキー・ジョーンズの晩年の写真が、エンジェル時代とあまり変わってないのに驚いたことがありましたっけ。

                   

                   


                  華麗なるエンジェル 再来日決定!

                  0

                    JUGEMテーマ:ROCK

                     

                     

                    エンジェル 43年ぶりの来日公演が決定だそうです!しかも新譜を引っ提げて!!

                     

                     


                    リィズン〜華麗なる復活〜

                     

                    思い出しました!

                    去年の春先に、エンジェルのフランク・ディミノとパンキー・メドウス 35年ぶりの共演ライヴ・ツアー決定、今秋には日本公演もという記事があったんですよね。去年の時点で日本公演は実現しなかったので、すっかり忘れていました。

                     

                    オリジナルメンバーは、フランク・ディミノとパンキー・メドウスのみで、グレッグ・ジェフリア、バリー・ブラント、フェリックス・ロビンソンは不参加のようです(初代ベーシスト ミッキー・ジョーンズは故人)。

                     

                    とにかくビックリです。まさか43年ぶりに再来日が実現しようとは!!

                     

                     

                     

                     


                    ONGAKU SENKA 音楽専科 1977年 4月号 / KISS ジェネシス ジョージ・ハリスン

                     

                    悲劇の来日、と報道された初来日公演では、大掛かりな舞台装置を使ったマジックも披露したようです。今回はどんなステージを見せてくれるのでしょうね。

                     

                     


                    映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開から1年

                    0

                       

                      JUGEMテーマ:ROCK

                       

                       


                      AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2019 Autumn & Winter [雑誌] (AERA増刊)

                       

                       

                      パート先の人手不足のおかげで、夏の終わり頃から英語の勉強どころではなくなってしまい、他にも家業だ何だとバタバタしているうちに、あの映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開から1年が経っていました。

                       

                      先日やっと時間が取れた日に、久しぶりにDVDで「ボラプ」を観た感想は、

                       

                      「これはクイーンの伝記と言うより、難病ものの青春映画とかに分類した方がいい感じだな。

                      この映画の中のBO RHAP-BOYS達は、実在しない架空のバンド『クイーン』を演じていると言った方がいい。

                      BO RHAP-BOYS演じる『クイーン』は、実在するバンドのクイーンをモデルにして生まれた、といった感じかな。」

                       

                      というものでした。あくまで、私の個人的な感想ですが。

                       

                      そして、この映画を観たことでクイーンの楽曲を再評価した、という意見も、色々なところで見聞きします。

                      これは、クイーンの曲が、青春期の孤独、悲恋や難病、壮年期の栄光と挫折等を描いた、映画のサントラにするのがピッタリな音楽だった、ということなのかも知れませんね。

                      そう思うと、どちらかと言えばプレイヤー気質の男性のロックファン達が昔、

                       

                      「クイーンのはただのハッタリで音楽をやっている。ロックミュージシャンとしては邪道だ。」

                       

                      と、よく言っていましたが、そういう人達がそんな感想を持つ理由が、分からなくもない気がします。

                       

                       


                      ムービー・スター 2019年 05 月号
                       

                       

                      「ボラプ」がロードショー公開されていた頃、私は初日から映画館に、何度も足を運んでいます。クイーンとフレディ・マーキュリーの物語、と言いながら史実とかなり違う映画に、夢中になっている自分に半分戸惑いながら、スクリーンの中のBO-RHAP BOYSに魅入っていましたっけ。

                       

                      もしかしたら、この映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、リアルタイムで彼らの音楽に熱中していた若いファン達が、クイーンの音楽を聴きながら頭の中に描いたファンタジーを描こうとしていたのかも知れないな、と、最近私は思うようになりました。

                      それは、クイーンのメンバー達が、音楽を創りながら描いていたファンタジーともシンクロするのかも知れないな、とも。

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
                        Kashka
                      • 寿命は1ヶ月半程…カブトムシ
                        torioden
                      • 森茉莉「曇った硝子」読みました
                        kashka
                      • 森茉莉「曇った硝子」読みました
                      • フレディ・マーキュリーの少年時代
                        kashka
                      • フレディ・マーキュリーの少年時代
                        ケアン
                      • フレディ・マーキュリーの少年時代
                        ケアン
                      • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
                        kashka
                      • ポーの一族「ユニコーン」Vol.3 ~ 60代の作者が描くバンパネラ
                        エンテライゼ
                      • ミュージックライフクラブによるジョン・ディーコンの近況
                        kashka

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM